シミのケアやニキビ跡のケアにおすすめの美白化粧水

ぷるぷるお肌の女性

紫外線の影響によるシミの肌トラブルが有名ですが、実はニキビ跡でもある赤みや黒ずみも、肌に残る色素として多くの人が悩みを抱えています。

それぞれ特徴がありますので、適したスキンケア化粧品でケアを行いたいところです。

日差しによるシミ対策に有効なスキンケア化粧品として選びたいのが、美白化粧品です。

美白化粧水をベースに、美容液などを利用すれば、より美白効果が高まります。

おすすめの美白化粧水として、アスタリフトホワイトローションがあります。

美白有効成分としてアルブチンを含んでおり、紫外線によって増殖しがちなメラニンを抑える効果があります。

ナノAMAやアスタキサンチン、3種類のコラーゲンに海藻エキスなどの潤い成分を肌に届けることで、紫外線ダメージに負けない肌に整えることもできます。

ニキビ跡が気になる人なら、リプロスキンという美白化粧水を使ってみましょう。満足度92%以上を誇る、話題のスキンケア化粧品です。

何度も同じ部分にできやすいニキビですが、リプロスキンで肌を整えることによって、ニキビができにくい肌を作り出すことができます。

同時に潤い成分のおかげで硬くなった古い角質を除去しやすい状態に整え、ニキビ跡に悩まされることの少ない状態へと変化させます。

ニキビ跡のケアに有効なグリチルレチン酸ジカリウムのおかげで、赤く残りやすい炎症を防ぐことができます。

透明感のある美白肌へと整えるための、プラセンタエキスもたっぷりと配合されています。

美白化粧水の正しい使い方とは

美白化粧水は一般的な化粧水よりも刺激が強いものが多くあるため使い方も工夫しないといけません。

よく外出した後に保湿しないといけないと思って、そのまま肌に化粧水を使用してしまう人がいると思いますが、これは間違いになります。

外出するということは肌が焼けているということであり、やけど状態ですから、その時は使用してはいけません。

美白化粧水を正しく使う方法になりますが、使用する前に顔を冷やしてクールダウンさせてください。

クールダウンさせたら赤みや痛みなどが消えて、その上に一般的な化粧水を使用して保湿してから美白化粧水を使用するのです。

美白化粧水の多くは美白成分が含まれていることが多く、これは医薬部外品になります。

医薬部外品は厚生労働省が有効性を認めた成分を配合しているという証拠になりまして、これらの成分を直接肌に当てると刺激が強くなりますから先ほどのような準備がいるのです。

また有効成分をしっかりと肌に浸透させるには使い方も重要になります。

よくコットンに馴染ませて塗布したり、顔に叩き込んだりしますが、これは間違った方法となります。
化粧水は手に馴染ませてから叩かずに顔を包み込むように馴染ませていくのです。

コットンを使用すれば肌が傷つきますし、叩き込んだりも同様なので優しく馴染ませてあげてください。

美白化粧水はただ塗るだけではなく効果的な使い方がありますし、刺激物が配合されていることもありますから正しい使い方をしてください。

美白化粧水の効果のメカニズム

紫外線によるシミや年齢によるくすみなど肌の悩みは人それぞれです。

そして最近はそんな悩みケアとして美白・美肌効果のあるスキンケアが出ています。

その中の一つに美白化粧水がありますが、どうしてこの化粧水を使用すると美白効果があるのか分かりますか。

今回はそのメカニズムを簡単に紹介します。

まず、シミやくすみの原因はメラニンです。

肌が紫外線や合わないスキンケア成分などの刺激を受けて、防御反応として分泌されるのがメラニンです。

そしてそれらが色素沈着を起こし、シミなどになるのです。

しかし、紫外線や肌への刺激は誰もが受けています。

それにも関わらず、シミのできやすい人、できにくい人と分かれるのは肌バリア機能が正常に機能しているかどうかです。

肌バリアとは人が本来持っている機能で高い保水力・保湿力を持っています。このおかげでハリや潤いのある肌状態が維持できるのです。

しかし、このバリア機能は加齢やストレスなどにより低下しがちです。

するとハリや潤いが無くなるとともに刺激に敏感になるため、メラニンの生成が促進され、シミやくすみができるのです。

美白化粧水にはこの低下したバリア機能を改善する効果があります。

まず、刺激を緩和するために保湿成分を配合し、外部刺激から守ります。

そして肌内部の角質層に美白美容成分を浸透させることにより、保水力・保湿力を取り戻します。

そしてビタミンC誘導体などの美白成分がメラニンの生成を抑制し、色素沈着を改善することにより美白効果が出てくるのです。

このようなメカニズムにより美白ケアをすることができるのです。

ハイドロキノン入りの美白化粧水で白くなる

美白したいと思っていても、簡単ではありません。いろいろな美白できる化粧品が出ていますが、中でも効果が高いのは、ハイドロキノンが入った美白化粧水です。

以前は、医師の処方がないとハイドロキノンの入った軟膏などを手に入れることさえできませんでした。しかし、今では医療用よりも含有率を少なくすることで、市販の化粧品にも使えるようになりました。

濃度がある程度あると、漂白効果があまりにも高いために、使い方が難しかったのです。

含有率が少なくなったことで、前顔にも使えるようになりました。顔全体に塗ってくすみを取ることもできますし、気になるところに重ね塗りしてシミ対策も良いでしょう。

本気でシミ対策したいと思ったら、シミの部分だけにハイドロキノン入りの美白化粧水を浸したコットンなどを付けてパックすると良いでしょう。

肌の奥まで浸透するので根本的な対策になります。コットンの上からラップをすれば、より浸透しやすくなるのでお勧めです。これを定期的に続けて行うと自力でシミを消すことだってできるはずです。

顔だけではなく、白くしたいところがあれば、全身に使ってもかまいません。ハイドロキノン入りの美白化粧水を付ければ、顔と首の色を合わせることもできるでしょうし、日焼けして黒くなった肌を白くすることだってできます。

顔にだけ使っても良いのですが、気になる人にはこのような使い方もお勧めします。

これまで美白化粧水の効果が得られなかった人にも効果を感じられるはずです。

人気がある美白化粧水の紹介

人気がある美白化粧水は、アンプルールのラグジュアリーホワイトローションAOⅡです。アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズには様々な種類の化粧品がありますが、このアンプルール化粧水は一段と透明感のある肌を作るのに役立ちます。

有効成分の新安定型ハイドロキノンは、皮膚科でも使われている美白成分です。

ハイドロキノンの性質を安定化させることで、熱や光に強くなり皮膚への刺激も抑えられています。
またラグジュアリーホワイトローションAOⅡには、AOカプセルを配合しています。

これは4つの美容成分をナノ化して凝縮したものです。

速攻型ビタミンC誘導体は、すぐに効果を発揮でき安全性が高いビタミンC誘導体で、α‐リポ酸はビタミンCやビタミンEを再生させる抗酸化物質です。レスベラトロールはポリフェノールの一種で、長寿遺伝子も活性化します。

マキベリーエキスはスーパーフードの中でもトップクラスの抗酸化力で、レモンの20倍、ブルーベリーの2.9倍ものパワーで細胞の酸化を防ぎます。

AOカプセルは新安定型ハイドロキノンが酸化するのを防いだり、それ自身でシミやくすみ、たるみを改善する効果があります。

これらの美白作用をさらにサポートするのが、トリプルセラミドです。

テクスチャーにとろみがあるのは、肌馴染みの良いセラミドを3種類も配合しているためで、肌のバリア機能を高めます。

外部の刺激に強くなることで、乾燥した季節でも肌トラブルが起こりません。