美白化粧水と保湿効果について

美白化粧水とひとことでいっても、さまざまな種類が販売されています。

そんな美白化粧水を選ぶ場合には、厚生労働省が認可している美白成分があるため、それらが配合されている製品を選ぶことをおすすめします。

認可している美白成分としては、トラネキサム酸やビタミンC誘導体、アルブチンやエラグ酸、トラネキサム酸やプラセンタエキス、ハイドロキノンなどさまざまなものがあります。

肌の乾燥などが酷いという場合には高保湿を期待することのできるヒアルロン酸などが配合されているものも多くあります。

ひとつのブランドでも、さっぱりタイプとしっとりタイプを選べるようになっているものも多く、自分の肌にあった使い方をすることができます。

選び方の基準としては、紫外線を浴びることでメラニン色素が作られますが、その過程でメラニン色素を作ることを阻害する働きでシミ予防をしたいときには、カモミラETとトラネキサム酸が有効で、メラニン色素を作る過程で必要な酵素であるチロシナーゼを活性化させないためにはハイドロキノンやビタミンC誘導体、アルブチンなどが効果的です。

ターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素を色素沈着させないためにはD-メラノTMが良いとされています。

このように美白化粧水を選ぶ場合には、できてしまったシミを改善するものと、これからできるシミを予防するもののに種類があるため自分の目的にあったものを選んでいくことをおすすめします。